プロフィール

政木 哲司 まさき てつじ

政木哲司(まさき てつじ)
シテ方金春(こんぱる)流能楽師
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
1973(昭和48)年東京都出身。さいたま市在住。
故櫻間辰之及び山中一馬に師事。
2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。
以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年道成寺を披く(ひらく)。
現在都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉各所などにおいて、
お稽古や講演活動など能楽の指導、普及に取り組む。
2018年宮島観光大使就任。

>2020年1月5日(日)第8回新春こうのす能狂言公演

2020年1月5日(日)第8回新春こうのす能狂言公演

鴻巣市の新春を寿ぐ「能・狂言」8回目の公演です。 能:金春流 政木哲司 「巴」 狂言:和泉流 野村万作「舟渡聟」 本公演に先がけてワークショップも開催いたします。

CTR IMG