盆栽が増えました

盆栽が増えました

昨日、友人や後輩と大宮盆栽村にある『蔓青園(まんせいえん)』さんに立ち寄り、新たな盆栽を一つ購入しました。

『蔓青園(まんせいえん)』
5代にわたる盆栽の老舗。「表情のある」小品・中品盆栽から、千年をゆうに超える樹齢を重ねた古木、日本を代表する名品盆栽の数々、水石、盆器、卓、諸道具まで圧倒的な品揃え。現代数寄屋のギャラリーとしての機能も併せ持った展示空間では、美術盆栽、水石等を設え(しつらえ)て展示。日常の培養管理と設え〈室礼〉に基づいて飾る鑑賞の両面から盆栽を楽しむスタイルを提案しています。
HPはこちらから

みなさんそれぞれに松やモミジなど気に入ったものを購入していましたが、私は『紅したん』を選びました。春には小さなかわいらしい花を咲かせ、秋には赤い実をつけるそうです。それぞれの木の成長が楽しみです。

剪定

また、前回購入した楡欅(ニレゲヤキ)も自分で少し剪定し、友人に分けてもらった苔を乗せてみました。こちらも成長が楽しみです。

関連記事

  1. いつの間にか盆栽が四つに

  2. 盆栽を買いました

  3. 安宅・安宅・安宅

  4. 紅紫檀

  5. 第42回 横浜能面展

  6. ボディメンテナンスに行きました

  7. いつの間にか盆栽が三つに

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.11.28

    安宅・安宅・安宅

  2. 2022.11.25

    【2022年12月24日(土)】み絲之會 第6回公演

  3. 2022.11.02

    【2022年11月23日(水・祝)】ひとつのはな

  4. 2022.10.28

    【2022年11月4日(金)】第十七回 山井綱雄之會

  5. 2022.10.21

    第12期 能楽(三役)研修生募集のお知らせ