マンガでご紹介!お能のお稽古

「難しそう」「敷居が高そう」と思われがちなお能の世界ですが、実際には敷居が高いのではなく「奥深いもの」。決して特別な人たちだけのものではありません。

お稽古も同様で、日常の中で気軽に体験・続けていただくことができ、実はお子様からリタイアされた方まで広くお越しいただいています。

そんなお能のお稽古の世界をマンガでご紹介させていただきます。


お稽古は関東、広島、オンライン、こどもおけいこの4つがあり、鹿児島にも教室があります。まずは一度、お気軽にご体験ください。

※新型コロナウイルス感染予防対策のうえでお稽古を開催いたします

お稽古の詳細はこちらから

関連記事

  1. 【2020年12月19日(土)】春哲会

  2. 夏の浴衣会を開催しました

  3. 【7/13&7/20】【チャレンジ お能】初心者のための能楽…

  4. お一人お一人のキッカケや目的を重視しながらお稽古内容を決めて…

  5. 【11月・12月】広島での金春流能楽のお稽古のご案内

  6. 広島でのお稽古を再開しました

  7. 【7/27】氷川の杜 稽古会のご案内

  8. 【2019年7月13日・20日】初心者のための能楽ワークショ…

  9. 体験稽古を行いました

  10. 【広島教室】新規開講のお知らせ

  11. 関東でのお稽古を再開しました

  12. 「可愛い」と評判です

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2021.01.16

    【2021年2月21日(日)】第61回 式能「俊寛」

  2. 2021.01.14

    【2021年1月17日(日)】金春会定期能

  3. 2021.01.12

    第9回 新春こうのす能狂言公演が終了いたしました

  4. 2021.01.10

    【2021年】金春会定期能 年間予定

  5. 2021.01.09

    【2021年1月11日(月・祝)】第九回新春こうのす能狂…