【2019年8月27日】第50回東西合同研究発表会

2019年8月27日(火)第50回東西合同研究発表会

日時 令和元年8月27日(火)午前11時開演(午後4時頃終了予定)
会場 京都観世会館(京都市左京区岡崎円勝寺町44)
入場料 入場無料

京都、大阪の能楽養成会の研修生及び国立能楽堂の研修生、研究生に加え、東西の若手能楽師を迎えての競演

番組
舞囃子 「高砂 五段」(金剛流)
舞囃子 「芦刈」 (宝生流)
能 「花月」 (観世流)
舞囃子 「邯鄲」 (観世流)
舞囃子 「野守」 (喜多流)
舞囃子 「経正」 (観世流)
狂言 「口真似」 (大蔵流)

舞囃子 「百万」 (金春流)
シテ:金春飛翔
地謡:本田芳樹・本田布由樹・政木哲司・金春嘉織

舞囃子 「雲雀山」 (観世流)
能 「車僧」 (金剛流)

◆お問い合わせ 京都観世会館 075-771-6114

関連記事

  1. 【2020年12月15日(火)】金春会定期能<振替公演>

  2. ※公演中止 【2020年5月31日】さつき能

  3. ※公演延期 【2020年4月5日】金春会定期能

  4. ※公演延期 【2020年3月8日】金春会定期能

  5. 【2019年5月5日(日・祝)】櫻間初花會

  6. 【2019年8月11日】なら燈花会能

  7. 金春会定期能 2019年1月20日(日)

  8. 【2019年5月31日】第四回 み絲之會

  9. 【2019年10月6日】金春会定期能

  10. 第19回 青翔会

  11. 第37回 大宮薪能5月25日 26日

  12. 【2020年1月24日】第五回 み絲之會

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2020.11.16

    【2020年12月15日(火)】金春会定期能<振替公演>…

  2. 2020.11.01

    【2020年12月19日(土)】春哲会

  3. 2020.10.22

    最新公演案内【2020年~2021年】

  4. 2020.10.21

    【2020年11月22日(日)】「馬場あき子と行く 歌枕…

  5. 2020.10.15

    【11月・12月】広島での金春流能楽のお稽古のご案内