【2021年2月21日(日)】第61回 式能「俊寛」

【2021年2月21日(日)】第61回 式能「俊寛」

「式能」は、昭和20年の能楽協会設立後、昭和36年に能楽協会最初の公演として行われました。
以降毎年、翁附五番立(江戸時代の基本的番組編成)にて開催しており、本年で61回目を迎えます。
現在、シテ方五流が一同に会する翁附五番立の能楽公演としては、唯一の大変貴重な催しです。

本公演における感染症対策については、下記ページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
►本公演における感染症対策について

公演日

2021年2月21日(日)
第一部 10:00【9:00開場】~14:15(予定)
第二部 15:15(予定)【開場は第一部の入れ替え、消毒作業が終わり次第の入場】~19:15(予定)
※完全入替制

場所

国立能楽堂
JR中央・総武線 千駄ケ谷駅から徒歩5分
大江戸線 国立競技場駅 A4出口から徒歩5分
副都心線 北参道駅 出口1から徒歩7分

入場料(全席指定)

【2021年1月28日(木)AM10時より発売】

1・2部通し: 正面 14,500円
1・2部通し: 脇正面・中正面 9,500円
1部: 正面 8,500円
1部: 脇正面・中正面 6,000円
2部: 正面 8,500円
2部: 脇正面・中正面 6,000円

※金春流「俊寛」は2部となります
※第1部終演後は、見所整備・消毒の為、通し券のお客様も一旦ご退場頂きます。
※第2部ご入場は、見所整備終了後のご案内となります。

第二部 金春流「俊寛」

シテ:櫻間金記
ツレ:政木哲司
ツレ:柴山暁
ワキ:福王茂十郎
アイ:山本泰太郎
笛:熊本俊太郎
小鼓:幸正昭
大鼓:髙野彰

<あらすじ>
鬼界島に流されている僧都俊寛、少将成経、入道康頼のもとに、赦免状がもたらされるが、その中に俊寛の名は無い。絶望の淵に嘆き悲しむ俊寛を残し、無情の赦免船は去って行く。極限状態に置かれた人間の孤独を描く傑作。

チケットは2021年1月28日(木)AM10時より発売となります。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

詳細はこちらから

関連記事

  1. 【2021年4月10日(土)】国立能楽堂 普及公演「夕顔」

  2. 【2021年3月9日(火)】第24回 青翔会「箙」

  3. 【2018年2月17日(土)】第37回 青葉能

  4. 第19回 青翔会

  5. 【2021年11月10日(水)~12月23日(木)】企画展「…

  6. 【2022年10月18日(火)】第29回青翔会(能楽研修発表…

  7. 【2023年11月12日(日)】金春会定期能「井筒」

  8. 【2022年3月4日】「渋谷能」 第四夜「源氏供養」

  9. 【8月22日(日)に再放送】『FM能楽堂』金春流「恋重荷」

  10. 【2019年12月5日】第五回 辻井八郎ノ能

  11. 【2019年10月6日】金春会定期能

  12. ※公演中止 【2020年2月29日】国立能楽堂特別公演「室君…

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任
2023年より北広島町観光大使就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2023.12.30

    【2月5日(月)から全5回】第十五回 体験能楽講座(鴻巣…

  2. 2023.12.27

    【2024年3月16日(土)】第十二回 こうのす能・狂言…

  3. 2023.10.05

    【2023年11月12日(日)】金春会定期能「井筒」

  4. 2023.09.09

    【2023年11月2日(木)】令和5年度 尾間木地区文化…

  5. 2023.08.28

    【2023年10月14日(土)】第八回 大聖院で能を楽し…