【2020年12月15日(火)】金春会定期能<振替公演>

【2020年12月15日(火)】
金春会定期能<振替公演>

本公演は新型コロナの感染拡大予防対策により延期となった2020年3月8日(日)の定期能の振替公演となります。

また、国立能楽堂にご来場されるお客様におかれましては、下記ページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
►新型コロナウイルス感染症対策とご来場されるお客様へのお願い


日時
2020年12月15日(火)12時半開演(開場11時45分)

場所

国立能楽堂

入場料(全席自由)
一般券 6,000円
25歳以下優待券(脇正面)2,500円

番組
能「雨月」シテ:本田光洋
狂言「居杭」シテ:大藏彌太郎
能「百万」シテ:中村昌弘
能「葵上」シテ:辻井八郎


◆チケットのお求めはシテ(主演能楽師)までお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 第37回 大宮薪能5月25日 26日

  2. 【2020年1月26日】金春会定期能

  3. 【2020年9月18日】「渋谷能」 第三夜 望月

  4. 【2021年06月06日(日)】金春会定期能

  5. 【2021年7月4日(日)】第42回「轍の会」

  6. 【2022年1月16日(日)】金春会定期能

  7. 【2022年1月29日(土)】金春円満井会 横浜公演

  8. 【2021年11月10日(水)~12月23日(木)】企画展「…

  9. 【2022年6月5日(日)】金春会定期能

  10. 【2022年2月20日(日)】第62回 式能「恋重荷」

  11. 【2018年12月1日】士乃武能 金春流高橋忍の能「邯鄲」

  12. 【2021年4月10日(土)】国立能楽堂 普及公演「夕顔」

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.05.17

    息子の初舞台が終わりました

  2. 2022.05.13

    【2022年6月5日(日)】金春会定期能

  3. 2022.05.10

    【2022年5月27日(金)・28日(土)】第41回大宮…

  4. 2022.04.28

    【2022年5月15日 (日)】金春流能楽師 中村昌弘の…

  5. 2022.04.04

    金春会定期能「鵜飼」お礼