【2022年4月3日(日)】金春会定期能「鵜飼」

【2022年4月3日(日)】
金春会定期能「鵜飼」にてシテを勤めます

2022年4月3日(日)に国立能楽堂で行われる金春会定期能にて、「鵜飼」のシテ(主役)を勤めさせていただきます。

「鵜飼」は、禁漁の罪を犯したために殺された漁師の悲劇と、その鵜飼の業の見事さ、そして法華経による救済を描いた作品です。

<あらすじ>
安房国清澄の僧(ワキ)が従僧(ワキツレ)を連れて、甲斐の国を訪れる。里の男(アイ)に宿を乞うが、断られてしまう。男は代わりに川辺の御堂を教え、一行はそこで一晩を過ごすことにするが、その夜、松明を持った鵜使いの老人(前シテ)が姿を見せる。
老人は、禁漁の石和川で鵜を使って漁をしたために、仲間たちに殺され、地獄に堕ちたと語る。そして、鵜を使った漁の様子を見せた後、闇路へ消える。
里の男に話を聞いた僧は、川の石に法華経の文句を書きつけて、老人を供養する。すると、そこに地獄の鬼(後シテ)が現われ、老人が生前におこなった僧への善行と経文の功徳によって成仏したと告げ、鵜使いが無事に成仏を遂げたこと、それを可能にした「法華経」の功徳のありがたさを称えて舞う。

※「鵜飼」は15時50分頃の開始となります

※国立能楽堂にご来場されるお客様におかれましては、下記ページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
►新型コロナウイルス感染症対策とご来場されるお客様へのお願い

公演日

2022年4月3日(日)12時半開演
(開場11時45分/終演予定17:05頃)

場所

国立能楽堂
JR中央・総武線 千駄ケ谷駅から徒歩5分
大江戸線 国立競技場駅 A4出口から徒歩5分
副都心線 北参道駅 出口1から徒歩7分

入場料(全席自由)

一般券 6,000円
25歳以下優待券(脇正面)2,500円

番組

能「俊寛」山井綱雄(12:30頃より)
狂言「諜生種」野村萬
能「東北」本田光洋(14:00頃より)
-休憩20分-
能「鵜飼」政木哲司(15:50頃より)

◆この度の公演のチケットは政木まで直接お問い合わせください。

お問い合わせフォーム
政木哲司 Facebook(メッセンジャーよりご連絡をお願いいたします)
→政木哲司メール masakitetsuji@gmail.com

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

関連記事

  1. 【2022年9月10日(土)】国立能楽堂 普及公演「殺生石」…

  2. 【2022年1月29日(土)】金春円満井会 横浜公演

  3. 【2022年5月15日 (日)】金春流能楽師 中村昌弘の会「…

  4. 【2020年9月18日】「渋谷能」 第三夜 望月

  5. 【2021年4月10日(土)】国立能楽堂 普及公演「夕顔」

  6. 【2017年5月26日・27日】第三十六回 大宮薪能

  7. 【2020年6月20日】第27回 櫻詠会

  8. 【2019年11月10日】金春会定期能

  9. 【2021年04月04日(日)】金春会定期能

  10. 【2019年5月5日(日・祝)】櫻間初花會

  11. ※公演延期 【2020年6月7日】金春会定期能 

  12. 【2022年2月2日(水)】2月定例公演「室君」

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.09.30

    【2022年10月16日(日)】第七回 大聖院で能を楽し…

  2. 2022.09.27

    【2022年10月2日(日)】金春会定期能「是界」解説動…

  3. 2022.09.15

    【2022年9月17日(土)】普及公演「融」

  4. 2022.08.29

    【2022年10月2日(日)】金春会定期能

  5. 2022.08.24

    小学校で能講座