【2022年5月15日 (日)】金春流能楽師 中村昌弘の会「鞍馬天狗」

【2022年5月15日 (日)】
金春流能楽師 中村昌弘の会「鞍馬天狗」

2022年5月15日 (日)に国立能楽堂で行われる金春流能楽師 中村昌弘さんの会の「鞍馬天狗」にて、息子の隆之介が初舞台を踏ませていただくことになりました(子方)。

私は同演目にて地謡を勤めさせていただきます。

皆様、ぜひ足をお運びください。

国立能楽堂にご来場されるお客様におかれましては、下記ページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
►新型コロナウイルス感染症対策とご来場されるお客様へのお願い

公演日

05月15日(日) 開場12:45/開演13:30
※上演時間:約3時間

場所

国立能楽堂
JR中央・総武線 千駄ケ谷駅から徒歩5分
大江戸線 国立競技場駅 A4出口から徒歩5分
副都心線 北参道駅 出口1から徒歩7分

入場料

S席(正面席・指定):7,000円
A席(脇正面席、正面、中正面一部・指定):6,000円
B席(中正面席・指定):5,000円
自由席(中正面席):3,000円
(すべて税込)

番組

解説 金子直樹

地謡一名による異流儀立合仕舞
仕舞「花月」キリ
中村昌弘 地謡:本田布由樹

「笠之段」(金剛流)
宇髙竜成 地謡:宇髙徳成

狂言 「盆山」(大蔵流)
シテ/男:大藏基誠 アド/亭主:吉田信海

<休憩>

仕舞「西行桜」キリ
髙橋忍 地頭:金春憲和

能「鞍馬天狗」
シテ/山伏・大天狗:中村昌弘 子方/牛若丸:中村優人
子方/稚児:畔上徹、畔上弦、政木隆之介、大幡明凛、大幡美遥、甲賀優月、野村遙花、橋本琳太郎
ワキ/東谷ノ僧:野口琢弘 ワキツレ/従僧:野口能弘、吉田祐一
アイ/能力:大藏教義 アイ/木葉天狗:大藏彌太郎、小梶直人、大藏康誠
笛:杉信太朗 小鼓:大山容子 大鼓:原岡一之 太鼓:金春惣右衛門
後見:本田光洋 地頭:金春安明

附祝言

※私は「鞍馬天狗」にて地謡を勤めさせていただきます。

チケット

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540(平日 10:00~18:00)

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

関連記事

  1. 【2020年1月26日】金春会定期能

  2. 第七回新春こうのす能「小鍛冶」

  3. 【8月22日(日)に再放送】『FM能楽堂』金春流「恋重荷」

  4. 【2021年6月15日(火)】第25回 青翔会「忠度」

  5. 【2019年8月11日】なら燈花会能

  6. 【2017年5月26日・27日】第三十六回 大宮薪能

  7. 第19回 青翔会

  8. 【2020年12月15日(火)】金春会定期能<振替公演>

  9. 「第40回記念 大宮薪能」を無観客によるオンライン配信で開催…

  10. 【2021年7月31日(土)】第五回 金春流能楽師 中村昌弘…

  11. 【2021年04月18日(日)】卯月能「角田川」

  12. 【2021年10月3日(日)】金春会定期能

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.05.17

    息子の初舞台が終わりました

  2. 2022.05.13

    【2022年6月5日(日)】金春会定期能

  3. 2022.05.10

    【2022年5月27日(金)・28日(土)】第41回大宮…

  4. 2022.04.28

    【2022年5月15日 (日)】金春流能楽師 中村昌弘の…

  5. 2022.04.04

    金春会定期能「鵜飼」お礼