金春会定期能 2020年1月26日(日)

2020年1月26日(日)金春会定期能「御裳濯」「羽衣」「藤戸」

日時 2020年1月26日(日)12時半開演(開場11時45分)
会場 国立能楽堂
入場料(全席自由)
一般券     6,000円
25歳以下優待券(脇正面)2,500円
番組
能〈御裳濯〉シテ:佐藤俊之 ツレ:中田能光 ワキ:野口能弘 アイ:大藏教義 笛:小野寺竜一 小鼓:田邊恭資 大鼓:柿原光博 太鼓:三島元太郎 主後見:金春安明 地頭:髙橋忍

狂言〈鞍馬参り〉シテ:大藏吉次郎 アド:榎本元

能〈羽衣〉シテ:櫻間金記 ワキ:宝生欣哉 笛:一噌庸二 小鼓:森澤勇司 大鼓:亀井忠雄 太鼓:小寺佐七 主後見:横山紳一 地頭:政木哲司

能〈藤戸〉シテ:本田芳樹 ワキ:殿田謙吉 アイ:大藏基誠 笛:松田弘之 小鼓:住駒充彦 大鼓:佃良勝 太鼓:金春國直 主後見:髙橋忍 地頭:本田光洋
金春会定期能2020年1月26日

◆チケットのお求めは出演能楽師、国立能楽堂又は金春会事務所へ。

チケット申し込みへ

関連記事

  1. 金春会定期能 2019年10月6日(日)

  2. 第37回 大宮薪能5月25日 26日

  3. 第六回新春こうのす能「角田川」

  4. 金春会定期能 2019年9月8日(日)

  5. 金春会定期能 2019年11月10日(日)

  6. 第26回 櫻詠会

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年道成寺を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。