※公演延期 【2020年4月5日】金春会定期能

※公演延期 2020年4月5日(日)金春会定期能

振替日時 2021年2月25日(木)12時半開演(開場11時45分)

※新型コロナウィルス感染症感染拡大の状況を鑑み公演延期とさせていただきます。
チケットは年内の金春会、または延期先の代替公演の日に使用出来ますので、そのままお持ちください。
会場 国立能楽堂
入場料(全席自由)
一般券     6,000円
25歳以下優待券(脇正面)2,500円
番組
能〈西王母〉シテ:梅井みつ子

狂言〈秀句傘〉シテ:三宅右近

能〈井筒〉シテ:長谷川純子

能〈鵺〉シテ:森瑞枝

◆チケットのお求めは出演能楽師、国立能楽堂又は金春会事務所へ。

チケット申し込みへ

関連記事

  1. 【2022年6月26日(日)】第43回 轍の会

  2. 第十回新春こうのす能・狂言公演『通小町』

  3. 【2020年10月4日(日)】金春会定期能 

  4. 【2019年10月12日】国立能楽堂普及公演「初雪」

  5. 第26回 櫻詠会

  6. 【2020年7月20日・21日】国立能楽堂ショーケース

  7. 【2022年9月10日(土)】国立能楽堂 普及公演「殺生石」…

  8. 【2019年12月5日】第五回 辻井八郎ノ能

  9. 【2022年4月3日(日)】金春会定期能「鵜飼」(面の話)

  10. 【2021年7月4日(日)】第42回「轍の会」

  11. 【2019年9月16日】第46回花影会

  12. 【2021年3月14日(日)】金春会定期能

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.09.30

    【2022年10月16日(日)】第七回 大聖院で能を楽し…

  2. 2022.09.27

    【2022年10月2日(日)】金春会定期能「是界」解説動…

  3. 2022.09.15

    【2022年9月17日(土)】普及公演「融」

  4. 2022.08.29

    【2022年10月2日(日)】金春会定期能

  5. 2022.08.24

    小学校で能講座