夏の浴衣会を開催しました

7月末のことになりますが、さいたま市 氷川の杜 文化館にて「夏の浴衣会」を開催いたしました。
普段の能のお稽古は着物の方、洋服の方とそれぞれですが、浴衣を着るこの時期、みんなで浴衣を着て発表会をしよう!という毎年恒例の稽古会です。

和やかな雰囲気ですが、ちょっとした緊張感もあります。
会が終わった後はお楽しみの暑気払いへというのが毎年の恒例です。

今年はやむなく一同で集まる浴衣会は中止にしましたが、近くにお住まいの方々といつもの稽古を浴衣を着て行いました。

お稽古では、一人一人の目的やペースに合わせて、わかりやすく丁寧に直接指導いたしますので、ご興味を持たれました際にはお気軽にお問合せ、ご体験ください。

関東でのお稽古の詳細はこちら

関連記事

  1. 【広島教室】新規開講のお知らせ

  2. 関東でのお稽古を再開しました

  3. 【2020年12月19日(土)】春哲会

  4. マンガでご紹介!お能のお稽古

  5. 【広島教室】新規開講のお知らせ

  6. 【2019年5月15日】能楽教室のご案内(広島)

  7. 体験稽古を行いました

  8. お一人お一人のキッカケや目的を重視しながらお稽古内容を決めて…

  9. 【2020年12月19日(土)】春哲会

  10. 【9月・10月】広島での金春流能楽のお稽古のご案内

  11. 【2019年7月13日・20日】初心者のための能楽ワークショ…

  12. 広島でのお稽古を再開しました

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2021.02.23

    【2021年3月14日(日)】金春会定期能

  2. 2021.02.19

    【2021年3月10日(水)】オンラインでお能トークを開…

  3. 2021.02.14

    【2021年3月9日(火)】第24回 青翔会「箙」

  4. 2021.02.04

    重要文化財「能楽」(総合指定)保持者の認定書が届きました…

  5. 2021.01.31

    【2021年2月25日(木)】金春会定期能