引き続き、宮島観光大使に就任いたします

2018年より宮島観光大使として活動させていただいておりましたが、この度、就任の続投が決まりました。

昨年2019年7月には、宮島 嚴島神社能舞台にて奉納能公演『夏汐能(なつしおのう)』を開催させていただき、遠方からも多くの方が足をお運びくださいました。

当日は梅雨の合間をぬって、天候に恵まれたことも強く記憶に残っています。

【夏汐能】ご来場いただき誠にありがとうございました

『夏汐能』の際には「大鳥居保存修理工事」の始まった時期に近かったこともあり、大鳥居のカバーは足元のみでしたが、現在は完全に覆われているそうです。

(嚴島神社の大鳥居は、1875年の建立から140年以上が経過し、損傷や老朽化が進んでいます。そのため、2019年6月17日から大規模な保存修理工事が行われています。終了時期は未定)

再びの就任ということで、身の引き締まる想いです!
何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 写真撮影を終えました

  2. 【2021年1月11日】9回目となる今回の演目は『自然居士(…

  3. 今年もありがとうございました

  4. ホームページをリニューアルしました

  5. 重要無形文化財に認定されました

  6. 47歳の誕生日を迎えました

  7. 【夏汐能】ご来場いただき誠にありがとうございました

  8. 本年もよろしくお願い申し上げます

  9. 【新春こうのす能】ご来場いただき誠にありがとうございました

  10. お稽古のチラシ(関東版)を刷新しました

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2020.11.16

    【2020年12月15日(火)】金春会定期能<振替公演>…

  2. 2020.11.01

    【2020年12月19日(土)】春哲会

  3. 2020.10.22

    最新公演案内【2020年~2021年】

  4. 2020.10.21

    【2020年11月22日(日)】「馬場あき子と行く 歌枕…

  5. 2020.10.15

    【11月・12月】広島での金春流能楽のお稽古のご案内