【2021年1月11日】9回目となる今回の演目は『自然居士(じねんこじ)』

2021年1月11日(月・祝)は、埼玉県鴻巣市の『クレア鴻巣』にて、私がシテ(主演)を演じる『新春こうのす能・狂言』を開催させていただきます。

9回目となる今回の演目は『自然居士(じねんこじ)』。

<あらすじ>

京都東山の雲居寺。自然居士(じねんこじ)という若い説経僧(シテ)が七日間の説法を行っていました。

その最終日、一人の少女が美しい着物を布施に供え、亡き両親を弔ってほしいと申し出ます。ところが、少女は我が身を売って着物を調達していたため、人商人に連れ去られてしまいます。

自然居士は女児を助けようと説法の座をおり琵琶湖畔まで跡を追い、人商人の舟に乗り込みます。仏法に仕える自然居士に出を出すことのできない人商人は、自然居士に辱めを与えようと舞を舞わせ、それを少女の解放の条件とします。自然居士は様々な舞を惜しみなく見せ、無事解放された少女と一緒に都へと帰るのでした。

 

様々に場面転換しながら進み、後半のシテの芸尽くしが見所になります。また、最後には「正義が勝つ」という物語は爽快な余韻を残す一曲でもあります。

『新春こうのす能・狂言』のチケットは現在発売中

チケットは、クレア鴻巣にて先日より発売開始となりました。
寒い時期ではありますが、皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひ足をお運びくださいませ。

【2021年1月11日(月・祝)】第九回新春こうのす能・狂言公演

クレア鴻巣では11月9日から全5回にわたる体験能楽講座

また、同じくクレア鴻巣では11月9日から全5回にわたる体験能楽講座を開催いたします。
能の世界や「自然居士」(今回の体験講座の題材でもあります)に触れ、より身近に能を楽しんでいただければと思います。

【11月9日から全5回】第十二回 体験能楽講座(鴻巣)

※主催/鴻巣市

関連記事

  1. 【夏汐能】ご来場いただき誠にありがとうございました

  2. 本年もよろしくお願い申し上げます

  3. 重要無形文化財に認定されました

  4. 47歳の誕生日を迎えました

  5. お稽古のチラシ(関東版)を刷新しました

  6. 今年もありがとうございました

  7. 引き続き、宮島観光大使に就任いたします

  8. 写真撮影を終えました

  9. ホームページをリニューアルしました

  10. 【新春こうのす能】ご来場いただき誠にありがとうございました

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2020.10.22

    最新公演案内【2020年~2021年】

  2. 2020.10.21

    【2020年11月22日(日)】「馬場あき子と行く 歌枕…

  3. 2020.10.15

    【11月・12月】広島での金春流能楽のお稽古のご案内

  4. 2020.09.28

    【2020年10月10日(土)】第五回 能を楽しむ講座(…

  5. 2020.09.25

    【11月9日から全5回】第十二回 体験能楽講座(鴻巣)