『能楽の音』の取材に行きました

6月20日(日)に開催する『能楽の音』の取材に行きました

先日、能楽笛方森田流 栗林祐輔さんと6月20日(日)に大宮(氷川の杜文化館)で開催するワークショップ『能楽の音』の取材に行きました。この日は天候もよく、いくつかの地を巡りましたが、ある場所で観たリスにブドウという取り合わせが可愛かったです。

『能楽の音』は今年で10回目を迎える能楽ワークショップとなります。詳細は改めてご案内させていただきますが、よろしければ今からご予定に入れておいてください。よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【2019年5月15日】能をたのしむつどい(広島)

  2. こうのす能・狂言『通小町』で使用する面が出来上がりました

  3. 【11月9日から全5回】第十二回 体験能楽講座(鴻巣)

  4. 【2021年10月16日(土)】「政木哲司」と「オカリーナと…

  5. 公民館で能の講座

  6. 【2019年5月11日】能を楽しむ講座『舟弁慶』(広島)

  7. 鴻巣での体験能楽講座(全5回)がはじまりました

  8. 【2019年5月15日】能楽教室のご案内(広島)

  9. 【受付終了】【2021年3月10日(水)】オンラインでお能ト…

  10. 【2019年7月13日・20日】初心者のための能楽ワークショ…

  11. 【2018年6月9日】能楽の音 第八章「翁之巻」

  12. 【2019年5月9日・16日・23日】伝統芸能である能とのふ…

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2022.05.17

    息子の初舞台が終わりました

  2. 2022.05.13

    【2022年6月5日(日)】金春会定期能

  3. 2022.05.10

    【2022年5月27日(金)・28日(土)】第41回大宮…

  4. 2022.04.28

    【2022年5月15日 (日)】金春流能楽師 中村昌弘の…

  5. 2022.04.04

    金春会定期能「鵜飼」お礼