こうのす能・狂言『通小町』で使用する面が出来上がりました

【2022年3月6日(日)】
こうのす能・狂言『通小町』で使用する面が出来上がりました

昨日は全5回 体験能楽講座の最終回をクレア鴻巣の大ホールで終えました。ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

ご参加者さまの帽子を傘に見立てて舞いました

そして、3月6日(日)第十回こうのす能・狂言の『通小町』で使用する面が出来上がりました。

当日はこの面で深草の少将を演じます!

『こうのす能・狂言』は若干ですがご案内が可能です。お誘いあわせの上、ぜひご来場くださいませ!

第十回こうのす能・狂言公演は拡大防止のための対策を十分に行った上で、実施いたします

・本公演は、収容率50%以下で開催します。
・ご来館の際には、マスクを着用し、手指の消毒や手洗いにご協力ください。
・発熱など体調不良の方のご来館はお控えください。また、そのような状況が見受けられた場合は、職員がお声を掛け、退館をお願いする場合がございますので、予めご了承ください。
・ご入場時、非接触型の温度計で検温をさせていただきます。

公演日

2022年3月6日(日)
開演14:00(開場13:30)
終演予定16:00(休憩あり)

場所

鴻巣市文化センター(クレアこうのす) 大ホール

JR高崎線 鴻巣駅(東口)より
徒歩で約20分/バスで約8分

入場料(全席指定)

一般:3,500円
U-25チケット:1,000円(税込)
市内小中学生:無料(チケット必要)

※未就学児のご入場はご遠慮ください
※オンラインでご予約の方は1割引き!
※定員の約半数の座席数となります。

番組

能「通小町」金春流 政木哲司
狂言「附子」大蔵流 山本泰太郎

チケット発売

クレアこうのすチケットセンター
・窓口(9:00~18:00)
・電話予約(10:00~18:00)・・・TEL:0570-666-534

オンラインでのご購入は下記よりお願いいたします。

クレアこうのすオンラインチケット

みなさまのご来場を楽しみにしております!

関連記事

  1. 【2022年10月16日(日)】第七回 大聖院で能を楽しむ会…

  2. 鴻巣での体験能楽講座(全5回)がはじまりました

  3. 第十二回 能楽の音を開催しました

  4. 【2019年5月15日】能をたのしむつどい(広島)

  5. 【2019年7月13日・20日】初心者のための能楽ワークショ…

  6. 【11月9日から全5回】第十二回 体験能楽講座(鴻巣)

  7. 【2019年7月17日】能楽講座を開催しました『羽衣』

  8. 【2021年10月17日(日)】第六回 大聖院で能を楽しむ会…

  9. 祈りの聲

  10. 【2023年11月2日(木)】令和5年度 尾間木地区文化祭 …

  11. 【2020年10月10日(土)】第五回 能を楽しむ講座を開催…

  12. 【2019年6月9日】能楽の音 第九章「小鍛冶之巻」

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任
2023年より北広島町観光大使就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2024.06.07

    【2023年6月15日(土)】能楽の音 第十三章「能楽と…

  2. 2023.12.30

    【2月5日(月)から全5回】第十五回 体験能楽講座(鴻巣…

  3. 2023.12.27

    【2024年3月16日(土)】第十二回 こうのす能・狂言…

  4. 2023.10.05

    【2023年11月12日(日)】金春会定期能「井筒」

  5. 2023.09.09

    【2023年11月2日(木)】令和5年度 尾間木地区文化…