<募集終了しました>【2021年11月2日(火)】オンラインでレクチャー会を開催します『鵺』

【2021年11月2日(火)】
オンラインでレクチャー会を開催します『鵺』

2021年11月2日(火)は、オンラインで『鵺』のレクチャー会を開催します。

「敷居が高い」「難しそう」と思われがちなお能に、より気軽にコンパクトに触れていただくための会です。初心者の方にも分かりやすくお話させていただき、お能の世界に親しんでいただければと思います。

これまでも各地の会場やオンラインで講座を開催させていただきましたが、はじめてお能に触れる方からも

「直接お伺いして、興味深くますます能が楽しくなりました!能の世界に近づくきっかけをいただき、心から感謝です」
「能ってちょっと手の届かない、特別な人が楽しむものというイメージから、私でも楽しめるものなのかも、に変わりました」
「奥深い世界が、分かりやすいお話でワクワクいたしました」

というご感想をいただきました。

過去の講座の様子

オンラインという形では、前回は『杜若』のレクチャー会を開催させていただき、多くの方にご参加いただきました。
【2021年3月10日】オンラインでお能トークを開催しました『杜若』

また、過去にはこのような講座も開催しております。

【2019年7月13日・20日】初心者のための能楽ワークショップ(埼玉)
【2019年7月17日】能楽講座『羽衣』(都内)
【2019年11月20日】能楽講座『巴』(都内)
【2020年5月20日】能楽講座『道成寺』(オンライン)
【2020年10月10日】第五回 能を楽しむ講座(広島/宮島 大聖院)
【2020年11月9日】全5回の体験能楽講座(鴻巣)
☛【2021年10月17日】第六回 大聖院で能を楽しむ会(広島/宮島 大聖院)

ぜひともこの機にご参加ください。舞台や講座のリピーター様も大歓迎です!

 

今回のテーマは『鵺(ぬえ)』

今回は『鵺(ぬえ)』を題材にします。

『鵺』は「平家物語」をもとに、成仏を願いつつも叶わない鵺の孤独と、敗者の悲哀を描いた世阿弥の作品です。

<あらすじ>
旅の僧(ワキ)が摂津国芦を訪れ、里の男(アイ)に一夜の宿を乞うが断られる。旅の僧は化け物が出るという御堂で一夜を明かすこととなる。
するとそこへ小舟を操る怪しい風体の男(前シテ)が現れる。男は鵺の亡霊と名乗り、昔、帝の命を狙っていたところを源頼政によって矢で射殺された様を語り、死後の悲しみを明かすと僧に弔って欲しいと頼んで消え失せる。
里の男が現われ、僧に鵺の供養を勧める。僧が約束どおり経を読んでいると、鵺の亡霊が本来の恐ろしい姿(頭は猿、尻尾は蛇、手足は虎)で現れる(後シテ)。
鵺の亡霊は頼政の矢に当たり、うつほ舟に押し込められ淀川に流された自分の姿を再現すると、成仏することを願いながらも月と共に暗い水の中へと消えていく。

2021年11月14日(日)の金春会定期能(国立能楽堂)で私がシテ(主役)を務める演目でもあります。

当日いらしてくださる方も、あらかじめ粗筋や見所、前後関係を知っておくことで、より舞台を楽しんでいただけるかと思います。(チケットをお求めの際にはこちらからご連絡ください)

宮島 大聖院での講座でも「鵺」の一部を舞いました

ZOOMでの参加か、後追い視聴からお選びいただけます

当日はZOOMを使用しての講座となりますので、インターネット回線さえあればどこからでもご参加いただけます。

また、どうしてもスケジュールの都合が合わない!という方には、録画動画をお送りしての後追い視聴も可能です。

①【当日ご参加の方】(定員12名ほど)

ZOOMのURLやパスワードは開催日の2日前を目安に改めてご連絡させていただきます。
後日ご視聴される方のために全編録画/録音いたしますので、あらかじめご了承ください。

②【後追いでの視聴をご希望の方】

開催後に録画動画のURLをメールにてご連絡させていただきます。
各デバイスにてご視聴ください。
(視聴期間は11月15日までとなります)

ZOOMとは…
いつでも、どこでも、どんな端末からでも複数人での同時参加が可能な「ビデオ・Web会議アプリケーション」です。
PC、スマートフォン、タブレットなど、現在一般的なデバイスであればZoomアプリをインストールでき、Windows、MacOS、Android、iOSなど、あらゆるOSに対応しているのも特徴です。
ZOOMについてはこちらから

詳細のご案内

開催日

2021年11月2日(火)10時30分~11時30分
(10時20分よりZOOMにアクセスいただけます)

開催方法

ZOOM
(当日参加の方には、ログインURL、パスワードを開催日2日前を目安にお送りいたします)

参加費

当日参加/後追い視聴ともに無料

お申し込み

募集は終了いたしました

関連記事

  1. 【1月30日(月)から全5回】第十四回 体験能楽講座(鴻巣)…

  2. 【2019年6月9日】能楽の音 第九章「小鍛冶之巻」

  3. 【2018年6月9日】能楽の音 第八章「翁之巻」

  4. 【2019年7月17日】能楽講座を開催しました『羽衣』

  5. こうのす能・狂言『通小町』で使用する面が出来上がりました

  6. 【2021年3月10日(水)】オンラインでお能トークを開催し…

  7. <定員に達しました>【2021年10月17日(日)】第六回 …

  8. 【2019年5月15日】能をたのしむつどい(広島)

  9. 【2019年5月9日・16日・23日】伝統芸能である能とのふ…

  10. 祈りの聲

  11. 【2019年5月11日】能を楽しむ講座『舟弁慶』(広島)

  12. 【11月9日から全5回】第十二回 体験能楽講座(鴻巣)

プロフィール

シテ方金春(こんぱる)流能楽師
政木 哲司(まさき てつじ)


シテ方金春(こんぱる)流能楽師
重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人 能楽協会東京支部会員
2018年より宮島観光大使 就任

1973(昭和48)年 東京都出身。さいたま市在住。 故櫻間辰之及び山中一馬に師事。

2005(平成17)年、「熊坂」にて初シテ。以降2006(平成18)年「石橋」、2007(平成19)年「乱」2012(平成24年)年「道成寺」を披く(ひらく)。2011年より新春鴻巣能を企画・開催、主演(シテ)を努める。

2018年、宮島観光大使就任。
2019年、宮島 厳島神社にて夏汐能を開催し、「舟弁慶」を舞う。
2020年、重要無形文化財総合指定保持者の認定を受ける。

現在は都内の定期能などに出演するほか、都内、埼玉、広島、オンラインなどにおいてお稽古や講演活動など能の指導、普及に取り組む。


  1. 2023.01.13

    【2023年2月19日(日)】第63回 式能「翁」「鶴亀…

  2. 2022.12.12

    【2023年1月4日(水)】金春円満井会 鹿児島公演

  3. 2022.12.03

    【1月30日(月)から全5回】第十四回 体験能楽講座(鴻…

  4. 2022.11.30

    【2023年3月18日(土)】第十一回 こうのす能・狂言…

  5. 2022.11.28

    安宅・安宅・安宅